2017年04月23日

4/23(日)春季リーグvs日本体育大学

 
 
 
 
こんばんは。
 
 
 
3年マネの雨宮です。
 
 
 
春季リーグ第3戦、日本体育大学との試合結果をご報告いたします。
 
 
 
   【試合結果】
 
 
法政:24(11-11.13-13)24:日体大
 
 
 
 
   【個人得点】
 
 
 
内門…2点
 
 
 
高間…5点
 
 
 
田島…2点
 
 
 
山本晃…4点
 
 
 
松岡…2点
 
 
 
本田拓…2点
 
 
 
山本祐…4点
 
 
 
本田悠…3点
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
▽深井(3年)
 
 
 
 
 
 
▽高間(4年)
 
 
 
 
 
▽山本祐(2年)
 
 
 
 
 
 
▽田島(3年)
 
 
 
 
 
▽山本晃(2年)
 
 
 
 
 
▽本田(2年)
 
 
 
 
 
 
 
試合内容としましては、
前半4分間は互いにシュートが入らずでしたが、その間法政は相手の反則を誘い、高間(4年)の7mスローで先制いたしました。
リードを許しては追い抜いてと、シーソーゲームというよりは連続得点を互いに繰り返すかたちで前半は11-11と引き分けで終了いたしました。
 
 
 
 
後半、立ち上がりからミスが続いてしまい、ミスからの逆速攻を繰り返されてしまいました。
相手側の盛り上がりがすごく、法政側のベンチ
ではスタッフとしてベンチにいた4年大野と日野が一生懸命に「暗くなるな!声出せ!盛り上げろ!気にするな!」とコート内のメンバーに伝えていたことが私の中でとても印象に残っております。
相手の強いDFやGKに苦戦を強いられましたがなんとか立て直し同点に追いつき、後半13-13結果24-24で試合終了となりました。
 
 
 
 
日体大はとにかく速攻が早くDFも当たりの強いことがざっくり言うようですが特徴としてあげられると思います。
パスキャッチミスは命取りと言っても過言ではありません(^^;
それに加えリスタートも早いため、こちらが得点しても喜ぶ暇を与えてくれませんね(笑)
そこで油断したり、シュート後の結果を見ていたりすると隙をついて得点されてしまう場面もありました。
 
 
 
チームの特徴をしっかり把握して、その都度
どれだけ臨機応変に対応できるかが重要ですね(๑•̀ㅂ•́)و✧
 
 
 
この三試合、試合内容が濃いといいますか、
大きく点差を離したり離されたりがなく1点差や引き分けとどれも惜しい試合だったため、
個人的にはもうとっくに残り何試合と数えた方が早い程試合をしているような気がしております(^^;
まだ三試合しかしていないのかという気分です(笑)
まだ三試合です。まだまだこれからです!
来週は東海大学との試合がありますね。
次こそ勝ち切れるよう、また1週間練習頑張りましょう!
 
 
明日のOFFでしっかりと身体を休めてください☺︎︎
 
 
 
 
 
 
 
 
みなさん、お疲れ様でした。
 
 
 
明日はOFFです。
明後日の練習は15:30からです。
 
 
 
 
それでは本日のご報告を終わります。
 
 
 
 
失礼いたします。
 
 
 
posted by admin at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 試合結果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック